長野県産の風さやか(お米)と信州サーモンの特徴とは?青空レストラン

この記事は2分で読めます

「風さやか_米」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

スポンサードリンク


こんにちは( *`ω´)

ドナルドマニアのchii♡です(=゚ω゚)ノ

食欲の秋ですね( ´ ▽ ` )ノ

そして新米の季節♡

今回は長野県産の新ブランド米『風さやか』と新養殖品種である『信州サーモン』をご紹介します♪( ´▽`)

長野県産 新品種 『風さやか』

「風さやか_米」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

2013年3月に品種登録された長野県のオリジナル米の風さやかです♡

ほのかな甘い香り豊かな旨味があるお米なんだそうです♪( ´▽`)

お米の一粒が少し大きめで噛むとしっかりした弾力粘度が特徴的なんだとか!

このお米は冷めてもおいしいという口コミが多く、おにぎりにしたらいいだろうなーと思いました♪(´ε` )

 

はい!!書きながらお腹減ってきました( ;´Д`)笑

 

長野県はお米の収穫量が全国で12位なんだそうです!

長野といえばオリンピックがあったっけ?というイメージで、スキー場やジャンプ台がまず思い浮かびます笑

次がりんごとか?白菜とか?あまりお米ってピンとこなかったので意外でした(・ω・)ノ(長野の皆様すみません….)

調べてみると、長野県!!お米の生産に非常に適しているということがわかりました!

盆地が多く、夏場の朝夕は涼しいため、昼夜の寒暖差がお米のおいしさを決めるでんぷんを効率よく蓄えてくれるそうです☆☆

さらに内陸性で周囲を山に囲まれており、降水量が少ないため病害虫の発声が少なく、農薬をあまり使わずに栽培できるとのこと!

全国的にみても農薬使用回数は非常に少ないそうです♪( ´▽`)

もともとの品種として耐倒伏性に優れている上、葉や穂のいもち病にも強い特性を持つそうなので、より少ない農薬での栽培が可能なんだそうです(=゚ω゚)ノ

長野県の年間のお米の生産量が20万tなのに対して、風さやかは4000t…..

なかなか出回らなさそうですね…..

でも食べたい!!!!!笑

そしてそんなおいしいご飯のおともになりそうなのが、またまた長野にありました♡

スポンサードリンク

信州サーモン

「信州サーモン」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

こちらは長野県水産試験場(安曇野市)が10年かけて開発したマス類の新しい養殖品種です(・ω・)ノ

  • ニジマス → 育てやすい 肉質がよい
  • ブラウントラウト → ウイルスや病気に強い

ニジマスブラウントラウトバイオテクノロジーとやらで交配した養殖品種で、両方の長所をあわせもつハイブリッドなんだそうです☆

なにやらバイオテクノロジーなんて横文字をみると無駄に不安になり調べてみると….

遺伝子操作ではなく、染色体コントロールによる品種改良のため、遺伝子変化もない上、染色体はもともとがニジマスとブラウントラウトが持つもののため安心して食せるとのことでした( ´ ▽ ` )ノ

信州サーモンの特徴として

  • 銀色の美しい体
  • サーモンのような紅色の身
  • 肉厚で豊かな味わい
  • 卵を持たないため栄養分がそのまま旨味になる(いつでもおいしい)
  • ニジマスにかかりやすい病気に強い
  • ニジマスの飼育施設がそのまま利用可能
  • 約2年で成魚になる

といいことづくしですね♡

この脂ののった信州サーモンをご飯のお供に新米炊きたて風さやかをいただいたら……( ´ ¬ ` )ノ

よだれでてきちゃった笑

この組み合わせで今度の満点☆青空レストランに登場します(・ω・)ノ

放送が楽しみですね!!

ではまた(・◇・)/~~~

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. とびながつばさ_-_Google_検索
  2. 手塚ryokanのフォトギャラリー_-_宿泊予約は<じゃらん>
  3. 「ハノーファー」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  4. 高山勝成_-_Google_検索
  5. チコリ_-_Google_検索
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。