下町ロケット2ガウディ計画第1話ネタバレとあらすじ!真野再登場?

この記事は3分で読めます

「下町ロケット2」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

スポンサードリンク


こんばんは( *`ω´)

ドナルドマニアのchii♡です(=゚ω゚)ノ

先日焼肉に行ってきました(((o(*゚▽゚*)o)))

久々の焼肉でルンルンで行ってはみたものの…….

体調不良(?)で食べれない( ;´Д`)マジデスカ

食欲はあるんです∟( *`ω´)」フンッ

すごくおいしそうに見えるんデス(・¬・)ジーッ

でも食べたら……いつもはおいしいと感じる肉汁が…….

 

気持ち悪い,,,,,,,_| ̄|○

 

たまにあるんです…..

多分自立神経かホルモンバランスの影響なんだとおもいますが(´Д` )

腹いせに野菜をしこたま食べてきました♡

でも………..やっぱりおいしくお肉食べたい( ;´Д`)笑

で帰ってみると下町ロケットがあってた♡

ロケット編の最終回で次回から新章突入です( ´ ▽ `人)

楽しみ♡

で気になったのでちょっとフライングしてみます☆☆☆

ネタバレ含みますのでご注意を( ´ 艸 ` )

スポンサードリンク

下町ロケット2ロケット計画のその後

「下町ロケット2」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

佃製作所のバルブシステムを使用したロケット計画は成功に終わりました。

いやーよかったです( ^ω^ )

ん?

2行でロケット編がまとまってしまいました笑

今回はここからのお話です(=゚ω゚)ノ

 

ロケット計画では成功を納めた佃製作所でしたが、その後の帝国重工の方針で一気に窮地に立たされてしまいます。

ここでキーマンとなるのは帝国重工石坂宗典株式会社サヤマ製作所椎名直之という人物。

【石坂宗典】

帝国重工宇宙航空部の資材調達グループ。

ロケット部品は自社製品で供給すべきとの考えで先のロケット計画で佃製作所バルブシステムの採用をプライドが許さないという一面を持つ。

佃製作所のバルブシステム採用に尽力した財前道生とはライバル関係にあたる。

佃製作所に肩入れする財前にダメージを与えようという目論見がある。

【椎名直之】

精密機械メーカーサヤマ製作所社長。

元NASAのロケット工学部門に勤務。

父のあとを継ぎ、3年で売り上げを2倍に伸ばした。

NASAの技術をバルブシステムに組み込み帝国重工の目にとまる。

 

今までになかった同業者の登場ですね!

完全に競い合うという図式の芳ばしい香りが漂ってきています(・ω・)ノ笑

しかも椎名さん、

『NASAのバルブシステムの上をいく製品を開発しております』

と非常に頼もしい(?)発言をされています!!

 

バルブ供給を入札制(コンペ)に

「コンペ_入札」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

帝国重工はバルブシステムを入札制(コンペ)にして、決定したバルブを向こう3年間採用するという方針を決定しました。

これは水原重治本部長(木下ほうか)の一言があったようです。

佃製作所は翌年から始まる中期計画にむけて、すでに巨額の投資を行い、バルブの設計も取り組んでいる最中です。

もしコンペに負けるようなことがあれば、取り返しのつかない大赤字に…..

佃製作所はライバルとなったサヤマ製作所についての情報を集めます。

  • サヤマ製作所に1度コンペで敗北したことがあった
  • 大手との契約を立て続けにとっている
  • 社長の椎名は幅広い人脈を生かし企業トップとの直接交渉が可能
  • 帝国重工との上層部との繋がり

これらのことからコンペも形だけのもので出来レースでは?との憶測が広がり、佃製作所内は不穏な空気に包まれてしまいます。

ですが、コンペが決定した以上、帝国重工との契約を死守するという目標を立てます。

ハイッ(・ω・)ノ

ここで問題児であった真野さんが重要人物として再登場です!!

(でも実はコンペには関係ないんです( ´ 艸 ` )ムフフ)

真野さん再登場

現在真野さんは北陸医科大学で最先端の医療技術に携わっています。

その真野さんが再び佃製作所に2人の男性とともに姿を現します。

 

ありがちだけどちょっとわくわくしてしまう展開ですね♡

この男性3人組から佃製作所のガウディ計画が始まっていきます(((o(*゚▽゚*)o)))

この男性2人のご紹介を(・ω・)ノ

【一村隼人】

北陸医科大学教授。

経営面を重視するのではなく、患者を救うことを目的としている。

心臓外科医としても研究者としても一流の技術を持つ。

【桜田章】

株式会社サクラダ社長。

娘を心臓弁膜症で亡くしている。

株式会社サクラダは一村さんとの心臓人工弁開発のため立ち上げた会社。

 

現在この3人は人工心臓の研究を行っています。

非常にデリケートで複雑かつ巧妙な分野のため、確かな技術を有する佃製作所ならば、ということで真野さんの再登場というわけです。

ガウディ計画とは?

l_255

真野さんが取り組んでいる人工心臓ですが、現在すでに存在しています。

Σ(・∀・ノ)ノエッ? ジャアナンデ?

ご説明しますね(=゚ω゚)ノ

現在心臓疾患での心臓弁代用は豚の弁を使うのが主流となっています。

ですが、生体適合性や感染症などのリスクを考慮した場合、人工弁の方が安全であることは明白です。

しかし現在使用されているものは海外製のもので、それらは欧米人に適合する製品のため、日本人にはサイズが合わず手術を受けられない患者が多くいるのが現状です。

大人でもサイズの適合しないものが多いため、特に子供達は供給できる製品がなく多くの子供達が手術ができない状況です。

その状況を打破すべく、真野さん達のプロジェクトが発足しました。

日本の技術を用いて、国産の人工弁を作ることで多くの命が救われる。

それが『ガウディ計画』です!!

 

いかがでしたでしょうか??

下町ロケットの1話目のおおまかなあらすじです。

サヤマ製作所の売り上げ倍増にはなにか仕掛けがあるのかもしれませんね。

そうだとしたらそれをしかける社長の椎名さんの狡猾な手腕もどう描かれるか楽しみなところです( ´ ▽ ` )ノ

そして新たなガウディ計画!!

新章へ突入してますます日曜日が待ちどうしくなりそうです♡

ではまた(・◇・)/~~~

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 清水牧場
  2. 「黒島結菜」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  3. 荻原次晴_-_Google_検索
  4. 孤独のグルメ_熊本_-_Google_検索
  5. ぶらっくすわん
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。