横田信生役のバカリズムの演技は?下町ロケットガウデイ計画ネタバレ

この記事は4分で読めます

「下町ロケット2」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

スポンサードリンク


こんばんは( *`ω´)

ドナルドマニアのchii♡です(=゚ω゚)ノ

みなさん殻付きのマカダミアナッツって食べたことありますか??

食べるときに万力みたいな器具で殻を割って食べるんですが…….

「マカダミアナッツ_殻割り」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

濃厚でおいしいんです♡

旦那はウイスキーのつまみに丁度いいって言いながらばくばく食べてました(((o(*゚▽゚*)o)))

ただ結構カロリーが高いんですよねー

植物性の脂質だからあんまり気にしなくてもいいのかな??

まー食物繊維豊富みたいなんでいいのかな( ´ ▽ ` )ノ

おいしいつまみを食べながらの下町ロケット!!

さてさてあいかわらずキャストがおもしろい下町ロケット!!

ガウディ計画後半で重要な役割を担うバカリズム演じる横田信生くんとは?

後半のネタバレ含みますのでご注意くださいね♡

 

横田信生役のバカリズムの演技は?

キャストがおもしろい下町ロケット♪( ´艸`)

音楽枠(?)の吉川晃司さんをはじめ、ガウディ編からは世良公則さん

芸人で春風亭昇太さん、立川談春さん、東国原英夫さん、ルー大柴さん、恵俊彰さん、今野浩喜さん など

ガウディ編からはガウディ計画の中心人物として今田耕司さん など幅広い豪華なキャストですね!

そして、後半悪者達の足元をすくうキッカケを作る重要な役としてバカリズムさんが出演します(=゚ω゚)ノ

「バカリズム」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

バカリズムさんは日本映画学校俳優科を卒業されていますΣ(・□・ノ)ノエッ

コントで高い評価を得ている芸人さんは演技でも評価されてる方が多いような気がします。

プロデューサーの伊與田英憲氏も、横田は「後半のキーとなる役」とコメント。

「この役ができるのは懐の深いお芝居をされるバカリズムさんしかいないと思い、お願いしました」

と起用理由を明かしている。

やはりコントも俳優も一部では演じるという面で共通する部分があるのかもしれませんね( ^ω^ )

他にも映画やドラマなどにも多数出演されているので、どんな演技をしてくれるのか楽しみです(・ω・)ノ

スポンサードリンク

横田信生の立場

と前置きが終わったところでネタバレいきますよ( ´ 艸 ` )ヘヘ

作中の設定ではサヤマ製作所で開発部アシスタントの横田さん。

作中では経歴の詳細はありませんが、それなりの経歴を持つ人物として紹介されています(・ω・)ホホーウ

開発部マネージャー(トップ)は月島尚人

この男はそうたいしたこともしない小悪党なんでほたっときます(・ω・)ノ笑

総勢20名の部署で、そのほとんどが外部から引き抜かれた人材です。

現場は実力主義が徹底されており、基本給が安い分、会社貢献度によってはボーナスが半端ない額になることも……

 

すごいやりがいありそうですね∟(`ω´ )」フンッ でもワタシならビビってコワイって思っちゃいそう(´Д` )笑

横田さんはそこで人工心臓コアハートのバルブシステム開発の元リーダーでした(・ω・)ノ

コアハートとは世界最小最軽量の人工心臓で実用化されると患者の負担を大幅に軽減できるという優れものデス。

医療用器具販売の大手メーカーである日本クラインとの付き合いで、開発を佃製作所に行わせ、その技術をパクるという卑劣な方法でサヤマ製作所は利益を得ようとしていました。

で、このコアハートの開発を指揮しているのがアジア医科大学の貴船教授(`ω´ )凸

まーこいつが悪い( *`ω´)笑

貴船教授についてはこちら→下町ロケットガウディ計画で世良公則が演じる貴船恒広とは?

で、はやく実績が欲しい貴船教授はどんどん開発を進めていくわけです。

貴船教授は開発中の日本クラインとサヤマ製作所にはよ作れヨ(´・Д・)」とハッパをかけるだけで機械のことに関しては何も知りません。

 

機器の性能が追いついていないにもかかわらずコアハートの実用化に向けて貴船教授がどんどん先に進んじゃうもんだから、サヤマ製作所は話を合わせながら開発を焦ります。

ただバルブの耐久性が追いつかない………

バルブの動作保証90日を目標に横田くんが改良中だったわけですが、なかなか結果がともなわない。

で横田イラネ(´・Д・)凸となり、月島さんが開発を引き継ぎます( *`ω´)オレニマカセトケ

で、なんとか90日の耐久性を実現させた月島さんでしたが、さらなる機能向上を目指して佃製作所から中里くんを引っ張ってくるわけです( ̄Д ̄)ノコッチオイデ

佃製作所は日本クラインからバルブの製作依頼があった際、設計に疑問を抱いた山崎さんが独自に改良を加えた設計図を書いていました_φ( ̄ー ̄ )

なんと!!中里くん、その設計図を手土産にサヤマ製作所に転職しちゃうんですね((((;゚Д゚)))))))

というか、椎名社長がそれを目的に中里くんを引き抜いたという方が正しいですが………

 

サヤマ製作所に移った自信に満ち溢れた中里くん( ̄^ ̄)ゞ

椎名社長と月島さんの期待を背負い頑張ります!!!

 

横田と中里

頑張る中里くんでしたが、全く結果が伴いません( ;´Д`)ナンデダヨー

自分にこれがやり遂げられるのかと自信を失いつつありました。

そこでふと今現在日本クラインに納品されているバルブを耐久テストにかけてみると……….

エッ?(゚д゚lll)コワレタヨ??

 

その後サヤマ製作所内での会議で中里くん針のむしろの刑に処されます。

椎名『まだできんのかい?(´・Д・)ハァ』

月島『はよ作れや( *`ω´)凸ゴルラァ』

中里『……….ゴメンナサイ』

 

ハイッ!!!(=゚ω゚)ノ

ここから横田くん動きだしマス!!

 

開発を担当していた横田くん!!

どう頑張っても耐久性を上げることができなかったため、現在納品しているバルブの精度がずっと気になっていたんデス!!

で、現在の開発担当である中里くんに納品中のバルブの実験データを調べるよう依頼します。

担当をはずれてしまった横田くんにはアクセスする権限がないためです。

月島さんの許可をもらいデータの閲覧した中里くん、横田くんのときのデータも悪くはなかった印象を持ちますが、月島さんに変わってからは猛烈な頻度での試作と実験の繰り返しで精度を向上させていったことを実験データから読み取ります。

『問題ないじゃん( ̄^ ̄)月島さんスゲー、ほれ横田、気のすむまで見ろよ。先帰るぜ』と…….

実験データをみた横田は中里くんとは違った印象を持ちます(ー ー;)ン?

データ綺麗すぎて気持ち悪っ(´・Д・)

コレ偽装じゃね??と確信を持つわけです……

 

内部告発

偽装したデータをもとに製品を世に出し、事故が起こった……

サヤマ製作所は泥船だと確信した横田くんは医療関係のジャーナリストである咲間倫子に実験データを渡します。

実は現在のコアハートの人体における臨床試験で事故が起こっていたのです。

詳しくはこちらもどうぞ→ガウディ編の結末は?下町ロケット最終回のネタバレ!清原の役は?

ここまでが主にバカリズム演じる横田信生の役どころです(=゚ω゚)ノ

 

いかがでしたでしょうか?

イメージとしては確かにバカリズムさんにしっくりハマる役柄のような気がします(=゚ω゚)ノ

ドラマでどんな演技を見せてくれるのか楽しみですね!!

ウイスキーとマカダミアナッツを楽しみながら観たいと思います♡

ではまた(・◇・)/~~~

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. マシ・オカ_-_Google_検索
  2. 鯉のぼり_-_Google_検索
  3. Deco___BREAKIN____インストラクター___FLY_DANCE_STUDIO
  4. 北村來嶺彩_-_Google_検索
  5. 高山勝成_-_Google_検索
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。