ガン治療の最新情報!近赤外線で癌が消滅(光免疫療法)承認はいつ?

この記事は3分で読めます

bacteria-426997_640

スポンサードリンク


こんにちは(=゚ω゚)ノ
ドナルドマニアのchii♡です(。-`ω-)

 

日本人の死因1位の座に
君臨しつづけている癌。

 

正式な医学用語では
悪性新生物ですね。

 

今でも多くの方が癌との闘いを
頑張られています。

 

そんな方々に一筋の光となる治療法が
日本人の開発により実用化されるかも
しれません。

 

ガン治療の最新情報

現在の癌の治療法は主に3つです。

  • 外科手術
  • 抗がん剤
  • 放射線治療

この3つを単独もしくは同時に行い
治療をしていきます。

 

しかし転移を疑い少し大きい範囲を
切り取る外科手術やがん細胞とともに
正常な細胞まで攻撃してしまう
抗がん剤と放射線治療それぞれに
メリットデメリットが存在します。

 

そんながん治療の概念を
吹き飛ばしかねない最新の
治療法が開発されつつあるんです!( *´艸`)

 

 

近赤外線とは

最新の開発中の癌治療には近赤外線が利用されます。

 

近赤外線てご存知ですか?

 

赤外線ってよくききますよね?
あの特殊部隊とかが持ってる
ゴーグルみたいなカメラ。
あの夜でもよくみえるやつですね。

 

あれは赤外線を使用することで
暗闇でも視認性をあげてるんデス。

 

他にも電化製品なんかでも赤外線で
肉焼きますみたいな商品がありますよね。

 

そもそも赤外線とか紫外線って何でしょう?
簡単にいうと目に見えない光のことです。

 

目に見える範囲の光って
すごく狭い範囲なんですよ。

 

数字にすると750~400nm。
いまいちピンときませんよね笑

 

まぁこれは特に気にしなくて
も無問題です(笑)

 

人間の目に見える光の色は

 

『赤橙黄緑青藍紫』

 

この範囲の『波長』だけんなんです。
おや~??
よくよく見ると両端が『赤』と『紫』……

 

そうなんです!
人間の目に見える赤の外の波長だから『赤外線』。
人間の目に見える紫の外の波長だから『紫外線』。

 

つまり
(こっち側の波長が長い)赤外線 赤橙黄緑青藍紫 紫外線(こっち側の波長が短い)
こんな並びになってるんデス。

 

おもしろいですよね。

 

で波長が短い方がエネルギーが高いから
紫外線はお肌に悪いデスよ
というわけなんです(。´・ω・)

 

ちなみに赤外線には近赤外線と遠赤外線
紫外線には近紫外線と遠紫外線があります。

 

これは人間の目に見えるのに近い波長が
近赤外線と近紫外線。

 

遠い波長が遠赤外線と遠紫外線です。
人間が基準となっているわけです。

 

すみません。
前置きが無駄に長くなってしまいましたね。

 

じゃあエネルギーの低い近赤外線で
癌消滅ってどういうことよについてです。

 

スポンサードリンク

 

近赤外線で癌が消滅(光免疫療法)

この研究、実は日本人を中心とした
研究グループが開発しています。

 

なんか少し誇らしくなりますよね。

 

しかもこの治療法、体の外から
エネルギーの低い近赤外線を
あてるだけというもの。

 

Σ(・ω・ノ)ノエッ!
ちょっとお手軽すぎやしませんかい?!

 

 

どんな仕組みかというと
ここに光(700nm)に反応して発熱する物質があります。

そしてここには癌細胞にくっつく性質のあるタンパク質。

よし!この2つをくっつけよう!

注射すると……

よしよし、体内の癌細胞にくっついたな

光を当てると……

おお!
発熱して癌だけがダメージくらっとる!

 

かなりざっくりとフランクな表現ですが
こんな流れで癌細胞を消滅させていくんです。

 

今のところマウスによる実験では
8割の完治が認められています。

 

しかも癌細胞にくっつくタンパク質であるため
転移した癌であってもその効果は同じ。
いいことづくしですね(´艸`*)

 

 

副作用はないの?

しかし抗がん剤をはじめ放射線治療など
今まで癌治療には副作用がつきものでした。

 

今現在でも闘病中で副作用に苦しんでいる方は
多くいらっしゃいます。

 

この光免疫療法は今から人体による
治験が開始されます。

 

慎重な観察とともに副作用については
これから明らかになっていくことでしょう。

 

ちなみにマウスでの副作用出現の報告は
私が調べた範囲では見当たりませんでした。

 

 

承認はいつ?

この光免疫療法はアメリカの
米国食品医薬品局(FDA)が
異例の速さで臨床実験の許可を下しました。

 

通常であれば動物実験から治験の認証が
おりるまで5年かかってしまいます。

 

しかしこの研究は2011年に発表されました。
このこと考えると異例の早さであると言えます。

 

研究グループは3~4年後の実用化を
目指しているとのことです。

 

副作用無しで癌治療ができれば
多くの患者さんに救いの光が
当たりそうですね。

 

一日も早い実用化を応援してます。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 五嶋龍_-_Google_検索
  2. むらせ_-_Google_検索
  3. 鯉のぼり_-_Google_検索
  4. シャンドゥール_栄店_CHANDEUR_|ヘアスタイル:シャンドゥール栄 つやつや好印象のゆるふわカールロングby大森|ホットペッパービューティー
  5. 手塚ryokanのフォトギャラリー_-_宿泊予約は<じゃらん>
  6. 「竹内浩三」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。