小林久隆はノーベル賞候補?最新の癌治療開発者の経歴や家族について

この記事は3分で読めます

nobel-prize-1356450_640

スポンサードリンク


こんにちは(=゚ω゚)ノ
ドナルドマニアのchii♡です。

 

暑い日が続きますね(´Д⊂ヽ
我が家の生後1ヵ月の赤ちゃんも
暑さで元気に泣いてます(ノД`)・゜・。

 

育児にちょっとだけ疲れてきた私も
たまにそれ見て泣いてます(笑)

 

先日娘にミルクをあげながらTVを
見てたんですがその中で最新の癌治療
特集があってました。

 

もともと医療の仕事をしていた私達夫婦は
ついつい夢中になってしまいましたよ(。-`ω-)

 

最近話題にあがる小林久隆さんご存知ですか?

 

小林久隆はノーベル賞候補?

現在死因のトップを独走している癌。
医学用語では悪性新生物といいます。

 

その癌治療に大きな改革を起こすかも
しれないと言われているのが赤外線を
利用した最新の癌治療です。

 

その開発チームの中心となる人物が
小林久隆さんです。

 

この治療法が承認を受け実用化されれば
新たな日本人ノーベル賞受賞者が生まれる
かもしれません。

 

経歴

そんなノーベル賞候補クラスの研究を
されている小林さん。

 

どのような経歴をお持ちなのでしょうか。

 

小林久隆_-_Google_検索

生まれ:1960年

出身:兵庫県

高校:灘高校

大学:京都大学医学部博士課程(1995年修了)

趣味:テニス・クラシックコンサート・画像診断

好きな球団:阪神タイガース

 

灘高校から京都大学Σ(・ω・ノ)ノ
この時点で選ばれし者の香りが
漂っていますね。

 

しかも趣味が画像診断(´-ω-`)……

 

仕事の一部が趣味とは変態ですね笑
失礼しましたm(__)m(笑)

 

仕事が趣味って言える方素敵ですね。
なんせ私は仕事は生活のためっていう
ぐらいの腐った考え方だったので……

 

でもそれが高じてきっと素晴らしい研究に
結びついているんだと思います。

 

そしてやはり兵庫県出身のため阪神ファン。
偏見かもしれませんが私は出身が関西圏の
方で阪神ファン以外の方はお会いしたこと
がありません。笑

 

さらにこのあとの経歴も驚きです。

 

第38回日本核医学賞受賞

オバマ大統領に一般教書で紹介

日本政府の国家戦略室より世界で活躍し日本を発信する日本人として表彰

NIH長官賞受賞

 

オバマ大統領やら国家戦略室やらスケール
が大きすぎてよくわかりませんね。

 

でもとてもすごい方だということは
よくわかりました笑

 

スポンサードリンク

 

家族について

こんなすごい方の奥様はどんな人だろうと
思って調べたのですが……

 

結婚しているかどうかの情報すら
一切ありませんでした。

 

ノーベル賞の授賞式といえば日本人受賞者
がでたときに毎回話題に上るダンスですよね。

 

奥様を連れていくのかどうかということは
ほぼ必ずニュースで取り上げられます。

 

小林さんが受賞となり結婚されていたら
そのときに奥様もどんな方がわかるでしょうね。

 

最新の癌治療開発

このようにノーベル賞の受賞候補では?
と早くも噂されている小林さんですが
気になるのはその研究内容。

 

一体どんな癌治療開発で注目を集めているのでしょうか。

 

それは従来の癌治療と比べて副作用と
効き目ともに比較にならないほどの
治療率をもつ光免疫療法という治療法です。

 

詳しくはこちらに簡単にまとめたので
よかったらご覧下さい。

 

バカな私がまとめているので
ざっくりとした内容ではありますが
バカな分わかりやすいと思います(笑)
ガン治療の最新情報!近赤外線で癌が消滅(光免疫療法)承認はいつ?

 

またそんな夢のような治療がいつから
実用化されるのかも気になりますよね?

 

……あれ?
私は気になりました!(笑)

 

ついでにいつからについても書いてありますよ!

 

では今回はこのへんで(・ω・)ノ
新たな日本人ノーベル賞受賞者の誕生を期待してます!

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 尾関高文_-_Google_検索
  2. <今年もクリスマスがやってくる!>ケンタッキークリスマス2015|KFC
  3. 気仙沼完熟牡蠣のオイスターソース_ふかひれの石渡商店
  4. 5時から9時まで_-_Google_検索
  5. 棟安優月_-_Google_検索
  6. 孤独のグルメ_熊本_-_Google_検索
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。