大坂なおみは二重国籍で日本語が苦手?ランキングや父や母についても

この記事は2分で読めます

tennis-1042860_640

スポンサードリンク


こんにちは(=゚ω゚)ノ
ドナルドマニアのchii♡です(´艸`*)

 

旦那の考えで娘は家では
布おむつ使用ということに……

 

うーん(;´・ω・)
正直めんどい!!笑

 

手洗いとかは全部旦那がやって
くれてる分おむつ換えるときが
ちょっと大変なだけなんだけど……

 

やっぱり紙おむつが楽ちんなんだよなー

 

あ、あと洗濯物が増える……

 

でも布おむつだと換えたときに
すごく気持ちよさそうな顔するんです♡

 

ちょっとだけその顔みると
うふふってなります♡

 

まーしばらく頑張ってみようかな(´艸`*)

 

離乳食はじまると旦那も根を上げるかも
しれないし(´-ω-`)

 

そんなこと考えながらTV見てたら……

 

なんか……
すっごい黒い女の子がテニスしてる!Σ(・ω・ノ)ノ!

 

え??
この子日本人なの??

 

あれ??
でも日本語が……??

 

ってことでちょっと調べてみました♡

 

大坂なおみ(テニス)

今回の東レ・パン・パシフィック・オープンの
決勝に進んだことで注目を集めた選手。

 

まず目についたのはその黒さでした。笑

 

まずは簡単にプロフィールを。

 

%e5%a4%a7%e5%9d%82%e3%81%aa%e3%81%8a%e3%81%bf%e3%81%ae%e3%83%86%e3%83%8b%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%af%ef%bc%9f%e8%ba%ab%e9%95%b7%e3%82%84%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95

生年月日:1997年10月16日

出身:大阪

身長:180cm

体重:69kg

利き手:右

 

180cm!?大きいですよね!!

 

大坂選手はその長身を生かした
高速サーブが最大の武器です。

 

なんとその速さは200km/h!(◎_◎;)

 

この数字、男子のサーブスピードと
ほぼ変わらない速度です……

 

この異常とも言えるサーブを武器に
ガンガン世界ランクを上げていっている
大坂選手。

 

大坂選手、名前はがっつり日本名ですが
実はハーフだったんです。

 

スポンサードリンク

 

二重国籍

日本人テニスプレーヤーとして
恵まれた体格の大坂選手。

 

父親はハイチ出身のアメリカ人で
母親が日本人なんです。

 

そのため生まれた時点で
2つの国籍を持っている
状態なんですね。

 

これは日本の法律的には何も問題なく
彼女が22歳までにどちらかの国籍を
選択することになるのです。

 

日本語が苦手?

大坂選手は物心がつく4歳のころに
日本からアメリカに移住しています。

 

そのためでは現在では片言の日本語
になっちゃうんですね(´ε` )

 

でもその片言のインタビューからでも
彼女のお茶目な一面が垣間見れます♡

 

現在のランキング

2016年9月27日現在では
大坂選手の世界ランキングは47位。

 

異常とも言えるスピードでランキングを
駆け上がっています。

 

すでに世界ランク上位の選手とも接戦を
繰り広げているため世界の注目が彼女に
集まっているところです。

 

あれ??
でも4歳からテニス始めてアメリカで
テニスしてたんならわざわざ日本人として
試合に出る必要はありませんよね??

 

客観的に見てもテニスのレベルはアメリカが
上なんだし………

 

やっぱりの日本人として出場する方が
メリットが多いんでしょうか??

 

インタビューでも話していましたが
2020年の東京オリンピックの出場を
見据えた可能性であったり

 

世界的な注目もされ方やスポンサーからの
広告収入など彼女の人生を見据えた上での
選択なのかもしれませんね。

 

ここで紹介した世界ランキングもきっと
彼女ならすぐに過去のものにして
しまうんでしょうね!!

 

大坂選手、日本人初の世界ランク1位
応援してます♡

 

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. aids-108235_640
  2. 「フラジャイル」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  3. 「ハンドボール_ポジション」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  4. 内田理央_-_Google_検索
  5. 「風さやか_米」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。