だだちゃ豆をマツコが食べる!特徴と名前の由来をチェック!

この記事は2分で読めます

「だだちゃ豆」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

スポンサードリンク


こんばんは(((o(*゚▽゚*)o)))

ドナルドマニアのchii♡です( ´ ▽ ` )ノ

9月7日(月)放送の『月曜から夜ふかし』”だだちゃ豆”がとりあげられます(=゚ω゚)ノ

「マツコにとれたてを食べさせてあげたい件」でマツコさんが食べられるそうなんですが……

”だだちゃ豆”とは何なのか知らなかったワタシ….(´Д` )

早速、”だだちゃ豆”について調べてみました!!

 

”だだちゃ豆”とは?

山形県庄内地方の特産品で、枝豆用として栽培される大豆の系統群!

江戸時代に越後から庄内に伝わった品種を選抜育成したものと考えられている!!

栽培する土地が合わないと風味が落ちてしまうことから、生産地が限られている!

収穫期も短く、また保存も困難だったため、長らくまぼろしの豆と呼ばれたが…近年の輸送手段の向上等により全国的に知られるようになった★

スポンサードリンク

特徴は?

さやの毛が茶色で、くびれも深く、見栄えは必ずしも良くないが、甘味と独特の濃厚な風味を持っている。

そして香りも強い!やや小粒の状態で出荷され、短めの時間で茹で上がることが特徴!!

「だだちゃ豆」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

名前の由来は?

”だだちゃ”とは庄内地方の方言で、「おやじ」「お父さん」を意味する!

しかし、対象とする人を蔑んで呼ぶというニュアンスも含まれるので一般的に口語で利用される事は無い!現在では普段それほど多用される言葉ではなく、意味は通じるものの死語に近いとのこと!!

江戸時代、出された枝豆に対して庄内藩のお殿様が「この枝豆は、どごのだだちゃの作った豆だや?」と尋ねたことから、それ以来「だだちゃ豆」と呼ぶようになったという説や、家長である「だだちゃ」にまず最初に食べてもらうのが正当である!ということから呼ぶようになったという説など、たくさんの説があるようです( *`ω´)

 

 

 

番組では山形県鶴岡市の白山地区で栽培されている、だだちゃ豆農家の冨樫さんの白山だだちゃ豆をマツコさんが食べられるみたいですネ♪( ´▽`)

マツコさんの美味しすぎてびっくりする顔がみたいですね〜(≧∇≦)

「月曜から夜ふかし」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

放送が楽しみデス(=゚ω゚)ノ

では、また(・◇・)/~~~

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 「上間美緒」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  2. えごま_-_Google_検索
  3. 気仙沼完熟牡蠣のオイスターソース_ふかひれの石渡商店
  4. ルウト_-_Google_検索
  5. 古澤巌_-_Google_検索
  6. 台風情報_-_日本広域_-_Yahoo_天気・災害
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。