高山勝成(たかやまかつなり)がボクシングw世界戦に!経歴をチェック

この記事は2分で読めます

高山勝成_-_Google_検索

スポンサードリンク


こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

ドナルドマニアのchii♡デス♪( ´▽`)

9月27日(日)放送のボクシングW世界戦で高山勝成さんが原 隆二さんと対戦されます(=゚ω゚)ノ

ボクシングをみているとハラハラしますよね( *`ω´)

でも、それが好きだったりするワタシです(≧∇≦)笑

今日は、高山勝成さんについて調べてみました(((o(*゚▽゚*)o)))

プロフィール

高山 勝成(たかやま かつなり)

高山勝成_-_Google_検索

生年月日:1983年5月12日

出身:大阪府大阪市

身長:158.5cm

体重:48 kg
階級: ミニマム級
スポンサードリンク

高山さんは、鶴橋中学校出身で在学中は、陸上部とラグビー部を掛け持ちしていたそうなんデス!!♡

掛け持ちとか凄いですよね( ´ ▽ ` )ノ両立ができていたのが凄い!!

どちらも運動部なので、体力勝負ですよね〜!☆

そして!中学2年時に友人に誘われジムを見学したのをきっかけに、地元のエディタウンゼントジムに入門されたとのこと( ^ω^ )

そこから、本格的にボクシングを始めたそうデス(((o(*゚▽゚*)o)))

第19代日本ミニマム級王者。第10代WBC世界ミニマム級王者。元WBA世界ミニマム級暫定王者。第19代・第21代IBF世界ミニマム級王者。第15代WBO世界ミニマム級王者。日本人として初めて主要四団体(WBA・WBC・IBF・WBO)で世界戴冠を果たした方だそうデス!

JBC傘下時代は、所属をエディタウンゼントジムからグリーンツダジムを経て真正ボクシングジムへと渡り歩いた。

2009年11月16日付でJBCの傘下選手としてのライセンスを失い、トレーニングのためにフィリピンと日本を行き来しながらIBF・WBOの世界タイトル奪取を目標としていた。

2013年3月30日にメキシコシナロア州グアサベでマリオ・ロドリゲスに3-0の判定勝ちを収めIBF世界ミニマム級王座を獲得し、日本人として初めてWBA・WBC・IBFの3団体で世界戴冠を果たし、 1984年4月15日にIBF世界バンタム級王座を戴冠した新垣諭以来2人目のIBF王者となった。

JBC離脱後は山口賢一の大阪天神ジムを練習拠点にしていたが、IBF世界ミニマム級王座獲得後に仲里義竜ボクシングジム所属でJBCからのライセンスの再交付を待ち、2013年7月12日にJBCからライセンスの再交付を受けJBC復帰を果たすと共に日本人初のJBC公認のIBF王者となった。これらの全キャリアを通して、トレーナーは中出博啓さん(=゚ω゚)ノ

高山勝成_-_Google_検索

さあ、どんな戦いをみせていただけるのでしょうか♡

楽しみですね♪( ´▽`)

みなさんも、ハラハラドキドキしながら観戦しましょう♡

では、また(・◇・)/~~~

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. pills-140186_640
  2. 日曜劇場『下町ロケット』第5話ダイジェスト&第6話予告映像【TBS】_-_YouTube
  3. 「杉村奏笑」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  4. 「おとこめし」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  5. “五郎丸”ワインも注目 熊本、全国から問い合わせ:ニュース:九州経済:qBiz_西日本新聞経済電子版___九州の経済情報サイト
  6. 『乙女の涙_スウィーティア』高知産_約100g_×3パック___築地市場ドットコム
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。