ゴットハンド脳外科医の福島孝徳さんとは?wikiをチェックしてみた!

この記事は2分で読めます

福島孝徳_-_Google_検索

スポンサードリンク


こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

ドナルドマニアのchii♡です( ^ω^ )

10月2日(金)『MY BEST SHOW ~スゴい人自ら選ぶNo.1~』に脳外科医の福島孝徳さんが出演されるみたいデス(=゚ω゚)ノ

”ゴットハンド脳外科医”と言われてる福島さん♪( ´▽`)

どんな方なのか気になって調べてみました( ´ ▽ ` )ノ

プロフィール

福島 孝徳(ふくしま たかのり)

福島孝徳_-_Google_検索

1942年生まれで、アメリカ合衆国在住医師です( ^ω^ )

専門は脳神経外科であり、脳腫瘍に対する「鍵穴手術」の考案者として知られています(=゚ω゚)ノ

1968年 東京大学医学部卒業後、同大学医学部附属病院脳神経外科臨床・研究医員になられ、研修医1年目にして世界初脳内視鏡手術用ファイバーエンドスコープ開発し世界の注目を浴びられました(((o(*゚▽゚*)o)))

それはなんと!!26歳の時でした( ^ω^ )

ドイツベルリン自由大学Steglitzクリニック脳神経外科研究フェロー(2年間)、米国メイヨー・クリニック脳神経外科臨床・研究フェロー(3年間)を経て、1978年から東京大学医学部附属病院脳神経外科助手1980年から三井記念病院脳神経外科部長を勤め、頭蓋底の鍵穴手術法を確立されたそうです!!☆

1989年~1990年 ロサンゼルスUCLA脳神経外科にて頭蓋底手術プログラムを開設

1991年 南カリフォルニア大学医療センター脳神経外科教授就任。ここで米国永住を決意されました( *`ω´)

1994年 ペンシルバニア医科大学アルゲニー総合病院脳神経外科教授、アルゲニー脳神経研究所頭蓋底手術センター所長歴任。手術や講義のために世界を駆け巡りながら、後進のため頭蓋底手術実習セミナーを開催!!

1998年 カロライナ頭蓋底手術センター所長およびデューク大学脳神経外科教授に!!

スポンサードリンク

現在、カロライナ脳神経研究所、デューク大学とウエスト・ヴァージニア大学の教授を勤め、脳神経外科顕微鏡手術の「全米トップの権威」と評されています☆

スウェーデンのカロリンスカ研究所、フランス・マルセイユ大学の教授、イタリア・ローマ大学、ピサ大学、ドイツ・フランクフルト大学の客員教授も兼任しているとのこと(=゚ω゚)ノ

そんな福島先生は、なんと!!若い頃からドラムを演奏しているらしく……手足を別々に動かす器用さをドラムで磨き、それが今日の超人的な脳外科手術の技術に繋がっていると言われているみたいなんです!!♪( ´▽`)

是非是非、ドラムの腕前も見せていただきたい♡♡←

研修医1年目で開発して、世界の注目を浴びるなんてほんと凄すぎますネ!!(´Д` )

脳の手術って、血管もたくさんあってほんとに大変で危険な手術だとききますよね!

いろんなテレビ番組にも出演され、神の手を持つと言われている福島先生!!

きっと、先生のゴットハンドを求めている患者さんたちはたくさんいると思いマス!!

そんな方々を一人でも多く救ってもらいたいですネ!!( *`ω´)

放送をワタシも楽しみにしています( ´ ▽ ` )ノ

では、また(・◇・)/~~~

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 中村祐一_-_Google_検索
  2. えごま_-_Google_検索
  3. ハナコ_芸人_-_Google_検索
  4. 朝比奈彩_-_Google_検索
  5. いけえりかこ_-_Google_検索
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。