ノーベル賞受賞の大村智(おおむら)氏とは?授賞式の日程と賞金は?

この記事は2分で読めます

Google_画像検索結果__http___mixed-color_com_wp_wp-content_uploads_2012_11_image002_png

スポンサードリンク


こんにちは♪( ´▽`)

ドナルドマニアのchii♡です( ´ ▽ ` )ノ

みなさん気になりますよね?(=゚ω゚)ノそう!!ノーベル賞!!♡

ノーベル賞を受賞された大村智さんについて調べてみました(((o(*゚▽゚*)o)))

プロフィール

大村 智(おおむら さとし)

Google_画像検索結果__http___mixed-color_com_wp_wp-content_uploads_2012_11_image002_png

生年月日:1935年7月12日

出身:山梨県韮崎市

日本の天然物有機化学者で、北里大学特別栄誉教授

薬学博士(東京大学、1968年) 理学博士(東京理科大学、1970年)

 

 

スポンサードリンク

45年余りにわたり、独創的な探索系を構築し微生物の生産する有用な天然有機化合物の探索研究を続け、これまでに類のない450種を超える新規化合物を発見されました!

・遺伝子操作による初めての新規化合物の創製、マクロライドを中心とした一連の生物有機化学的研究と有用化合物の創製、工業的にも重要な抗寄生虫抗生物質イベルメクチン生産菌の遺伝子解析など、いずれも世界に先駆けた研究であり、新しい研究領域を切り開いてこられました☆

・大村博士が発見した化合物のうち25種医薬、動物薬、農薬、および生命現象を解明するための研究用試薬として世界中で使われており、人類の健康と福祉の向上に寄与しています!!(((o(*゚▽゚*)o)))

・加えて100を超える化合物有機合成化学のターゲットとなり、医学、生物学、化学をはじめ生命科学の広い分野の発展に多大な貢献をしている。

・その中の抗寄生虫薬イベルメクチンは、熱帯地方の風土病オンコセルカ症(河川盲目症)およびリンパ系フィラリア症極めて優れた効果を示し、中南米およびアフリカにおいて毎年約2億人余りの人々に投与され、これら感染症の撲滅に貢献しています!!

・さらにイベルメクチンは世界中で年間3億人以上の人々が感染していたが、これまで治療薬のなかった疥癬症および沖縄地方や東南アジアの風土病である糞線虫症の治療薬としても威力を発揮しているそうデス!!

・2015年、ノーベル生理学・医学賞を「感染症の薬」という題目で受賞されました( ´ ▽ ` )ノ

ちなみに今回の、大村智さんの授賞理由は「寄生虫によって起こる感染症の治療法の発見」なんだそうです( *`ω´)

 

 

凄い、博士なんですね!!♡世界で、病気で苦しんでいる人たちをも助けているなんて、本当に凄いとおもいマス!!♡

これからも、もっとお薬や治療法を研究して開発していただきたいですね!♪(´ε` )

授賞式の日程は?

気になる、授賞式の日程は……12月10日にストックホルムで開かれるそうデス♡

賞金は800万スウェーデンクローナ(日本円で約1億1500万円)が贈られるとのこと(≧∇≦)

額が凄い!!♡もう、一般人からしたらよくわからない金額ですよね!!(´Д` )笑

一度でいいから1億円とか持ってみたい♡←
ほんとに、日本人としても嬉しい受賞です♪(´ε` )

では、また(・◇・)/~~~

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 「ソラノイロ」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  2. 【写真】東レキャンギャルに海老沼さくら_芸能_デイリースポーツ_online
  3. 「だだちゃ豆」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  4. tenku-nishimera_com_–_標高400m、九州山地で栽培された香り高き柚子と甘味の凝縮された棚田米をご堪能ください。
  5. c468aaefe186181410715505f3d9a7c9_s
  6. %e7%86%8a%e6%9c%ac%e3%83%bb%e8%8f%8a%e6%b1%a0%e5%b8%82%e3%81%ae%e3%82%86%e3%82%8b%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%81%8d%e3%81%8f%e3%81%a1%e3%81%8f%e3%82%93%e3%81%8c%e3%80%8c%e6%96%ac
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。