五姓田義松(ごせだよしまつ)の絵が凄い!洋画パイオニアの作品とは

この記事は2分で読めます

「五姓田義松_自画像」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

スポンサードリンク


こんにちは( *`ω´)

ドナルドマニアのchii♡です♪( ´▽`)

みなさんさん五姓田義松(ごせだよしまつ)さんご存知ですか??

日本における洋画パイオニアとなった方です!!

没後100年ということで目にとまったので調べてみました!( ´ ▽ ` )ノ

プロフィール

五姓田義松(ごせだよしまつ)

「五姓田義松_自画像」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

※自画像(明治10年)

生年月日:1855年(安政2年)4月28日〜1915年(大正4年)9月4日

出身地:江戸

職業:画家

経歴

1855年 洋画家である五姓田芳柳の次男として江戸で誕生。

1865年 チャールズ・ワーグマンに師事。

1874年 川上冬崖の推薦で陸軍士官学校に図画教師として勤務。

1876年 工部美術学校に入学しアントニオ・フォンタネージに師事するが翌1877年に退学。

1876年 第1回内国勧業博覧会の洋画部門に「阿部川富士図」を出品、鳳紋賞を受賞。

1878年 明治天皇の御付画家として北陸・東海地方の行幸に同行した。

1880年 渡仏し、レオン・ボナに師事。日本人初のサロン・ド・パリ入選作家となる。

1889年 アメリカ合衆国を経由して帰国し、明治美術会の創立に携わる。日清戦争にも従軍した。

1915年 横浜の自宅で死去。

五姓田さんは日本人で初めてパリのサロンに入選を果たしたそうです!

経歴を見ると10歳にして英国人の元に師事するなんてスゴいですね(((o(*゚▽゚*)o)))

しかし当時の日本は鎖国中のはずですね….(貿易は始まっていたと思いますが….)

今のように簡単なことではなっかたのではないでしょうか?

やはり洋画家のお父さんの影響が大きかったのでしょうか?

しかし上記の自画像を見てわかるように22歳にしてスゴいですね!!(◎_◎;)

他に病床のお母さんを描いた老母図↓(20歳の作品)を見ましたが、迫力がありました!!

「五姓田義松展」___弐代目・青い日記帳

スポンサードリンク

主な作品

「土佐丸」1896年(明治29年)

「五姓田義松展」___弐代目・青い日記帳

雨の日の家

「五姓田義松展」___弐代目・青い日記帳

「五姓田一家之図」1872年(明治5年頃)

「五姓田義松展」___弐代目・青い日記帳

どれもいいですね!

20代の頃から政府皇室の作品の依頼を受けていたそうです!Σ(・□・;)

明治天皇行幸にも同行し訪問先での日本の風景を描く御付画家に起用されていたそうですので誰しもが認める画家であったということが伺えますね(((o(*゚▽゚*)o)))

当時は流行の移り変わりの早さのため一時は名声を得ていた五姓田さんの作品もいつしか埋もれてしまい、今では知る人ぞ知る作品になってしまったそうです!

ですが、五姓田さんの残した作品は800点以上もあり、没後100年ということで再び注目されつつあります!( ^ω^ )

みなさんも見にいく機会があれば足を運んでみるとおもしろいと思います!!( ´ ▽ ` )ノ

なんというか絵の上手さに圧倒されると思います!

では、また(・◇・)/~~~

 

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ぶらっくすわん
  2. “五郎丸”ワインも注目 熊本、全国から問い合わせ:ニュース:九州経済:qBiz_西日本新聞経済電子版___九州の経済情報サイト
  3. 五嶋龍_-_Google_検索
  4. 5時から9時まで_-_Google_検索
  5. 「アカモク」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)_🔊
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。