藤田龍雅(りゅうが)はハンドボールの日本代表候補!ポジションは?

この記事は3分で読めます

「ハンドボール_ポジション」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

スポンサードリンク


こんにちは( *`ω´)
ドナルドマニアのchii♡です(=゚ω゚)ノ

 

みなさんハンドボールの藤田龍雅選手ご存知ですか??( ´ ▽ ` )ノ
高校1年生にしてインターハイで大活躍したハンドボール選手です。

 

2020年ハンドボールがオリンピック競技に選ばれるならば要チェックですね。
そんな将来が楽しみな藤田選手をご紹介します♡

 

小学校

小学校3年生のとき母親が持ってきた競技チラシをみて
ハンドボールを始めたそうです( ´ ▽ ` )ノ

 

1日30分ベッドに寝そべって天井めがけてボールを投げて
手首とコントロールを鍛えているそうです( *`ω´)

 

ワタシもたまに1人遊びでやってるかも笑
でも結構変なとこに飛んでいって
片付けが大変になったりするんですよね笑

 

ハンドボールは特にゴール前での激しい攻防に魅力を感じて
始めたそうなのでやはりシュートや正確なパスに惹かれたのでしょうか?

 

このあたりが現在の得点力の高さに反映されているのかもしれませんね!

 

中学時代

東久留米市立西中学2年時の冬に腰を
故障したそうですΣ(・□・ノ)ノ

 

その原因は高すぎる技術にあったようで
藤田くんの技術維持には成人レベルの筋力が
必要だったようです( ;´Д`)

 

ギブスをつけ回復に4ヶ月要したそうなので若い選手が
多くかかる腰椎分離症だったのかな?と思います(´Д` )

 

しかしその後は全国大会に出場し準決勝ではチーム35得点中
18得点を上げチームを準優勝に導いたそうです(=゚ω゚)ノ

 

半分以上の得点を1人で上げるなんてすごいですね♡
もし生で見てたらかっこいい♡てなっちゃうんでしょうね笑

 

さらに同年のJOCジュニアオリンピックカップでは
東京都代表として選出され大会では得点だけではなく
試合中の流れを読む力も評価され、優秀選手に選ばれています!

 

高校進学

全国大会常連の法政大学第二高校へ進学
1年生ながらメンバーに選ばれます!

 

インターハイでは準決勝の浦和学院戦にて
終了直前に同点シュートをきめると
延長戦で決勝点を上げ、チームを29年ぶりの
準優勝の立役者となっています(=゚ω゚)ノ

 

スポンサードリンク

 

ポジションは?

ハンドボールって競技は知ってるよという人は多いと
思いますが………

 

ポジションについてはご存知ですか?
恥ずかしながらワタシキーパー意外全く
わかりません( ;´Д`)笑

 

簡単にご紹介しておきますね。

 

「ハンドボール_ポジション」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)

GK(ゴールキーパー)

自陣のゴールエリア(6mライン)内に位置し、相手チーム選手のシュートをゴールさせないよう防ぎ守るのが役割です。ゴールエリアから出ることもできますが、その場合はコートプレイヤーと同様、ボールを持っての移動は3歩までとなります。

CB(センターバック)

攻撃のための基点作りであり、チャンスがあれば自分もロングやミドルシュートを打つポジションです。相手陣地に攻め込むオフェンスの際、センターに一番近く位置します。このポジションは位置的に他のコートプレイヤーを見渡すことができるため、攻撃の機会やフォーメーションの変更など、チームの司令塔としての役割もあります。

LB(レフトバック)

センターバックの左側に位置取りするポジションがレフトバックです。司令塔であるセンターバックよりもシュートに専念しやすく、ロングシュートやミドルシュートなど個人技が必要です。ゴールへの角度的に右利きがこのポジションに付くことが多く、また一番得点を狙いやすいポジションでもあります。

RB(ライトバック)

レフトバックの右側バージョンのポジションであり、同じ理由により左利きの選手が有利とされています。左右バックは攻撃のための重要なポジションでありますが、相手のチームの同じく左右バックを止めるためにも重要なポジションと言えます。

LW(レフトウイング)

フローターであるバックプレーヤーのサポートや、相手ゴールのサイドからシュートをするポジションです。コートの左端に位置するポジションですので、攻撃時は相手ゴールのサイドまで走り、守備時は自陣ゴールのサイドまで下がる必要があるため、足が速い選手が付きやすいポジションです。

RW(ライトウイング)

レフトサイドの逆側であるコート右端に位置するポジションです。役割も同じであり、攻守の切り替え時にいち早く反応し、速攻などの時に活躍します。

P(ポストプレイヤー)

相手ゴールへ背を向け、相手のディフェンスライン上で攻撃のためのサポートをしたり、ディフェンス陣に穴を開けて自分でシュートもします。ディフェンス陣の密集地帯でポジションとボールをキープし、シュートに持ち込むパワフルさが必要なポジションです。

 

藤田選手のポジションはライトバックだそうです!!
オリンピックや海外リーグでの活躍など
将来の活躍が今から楽しみですね♡

 

ではまた(・◇・)/~~~

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 「信州_韃靼そば_商品」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  2. いけえりかこ_-_Google_検索
  3. 永井優香_-_Google_検索
  4. 「ヴァスコ・ヴァッシレフ」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  5. 「下町ロケット2」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。